車検でのヘッドライト検査

車検でのヘッドライト検査は重要点検項目のひとつで、ヘッドライト検査が原因で車検が不合格になるケースは多い。特にヘッドライト光軸の角度が車検での基準範囲外のため、調整を必要とするケースが多いのだ。
ヘッドライトを点灯した時の光の方向については通常の点灯(ロービーム)の場合は前方40m先まで確認できること、また対向車を考慮して少し左へ向いていこと等が基準となり、ライトを上向き(ハイビーム)にした時に前方100m先を確認できる状態であることが車検でのヘッドライト光軸の基準となる。
ヘッドライト光軸の角度がこの基準外で車検に合格できない自動車はヘッドライト光軸調整が必要となる。
また、ヘッドライトが曇っている場合は光量不足となり、車検に合格できないケースがあるので注意したい。

▼ 陸運局のヘッドライト検査

ヘッドライトテスターは車種に合わせて左右上下に動きます。ヘッドライトの高さ、幅、そして前後に動き、光軸の角度も測定します。

Advertisement

© skninfo.com