ベルト類 (車検と同時に点検)

自動車のボンネットを開けてエンジンルームを覗くと幾つかのベルト類がある。
ファンベルトやパワーステアリングベルト、タイミングベルトなど、緩みや損傷を確認して交換が必要かどうを車検と同時にチェックすることが望ましい。
中でもタイミングベルトは通常、走行距離10万キロで交換することが目安となっており、走行距離10万キロに近づいている自動車の車検ではタイミングベルトの交換も同時に行うべきである。 タイミングベルトの交換を怠った場合、ベルトが切れた時にエンジンに悪影響が及び、後々大きな修理費 がかかる。最悪の場合はエンジンが壊れるケースもあるという。

Advertisement

© skninfo.com