車検でのスピード検査

運転席から見えるスピードメーターが正確に作動しているかどうかを車検では検査する。これもまた車検の重要検査項目の一つである。
そのため、スピードメーターが壊れていたり、走行中のスピードを正確に計測できない(走行時の本当のスピードとメーターに表示されるスピードが大きく異なる)場合は車検に合格することはできないのである。
特に最近の性能の良い自動車は静かでスピードが出しやすいので、スピードメーターが正確に作動していないことを想像すると怖いものである。車検でのスピード検査の重要性は十分にあると考える。
また、自動車の「ホイールとタイヤ」を大きさ(直径)の違うものに変更した時は多少は実際のスピードとメーターに誤差が出るケースもあるので注意したい。

Advertisement

© skninfo.com