その他(車検での外観検査)

車検での外観検査は灯火類(ライト類)方向指示器、ハザード、ワイパーの状態と作動、ウォッシャー液の噴射などが検査されるが、それ以外では灯火類やウィンドウガラスそしてタイヤやホイール等これら全てはヒビ割れがあると車検には合格できない。タイヤに関しては溝が浅く深さ1.6ミリに満たない(スリップサインが現れている)状態も同様である。
灯火類に関しては曇りがある場合は車検に通らない可能性が高くなるので注意したい。
また、発炎筒が詰まれていない自動車も車検には合格できないので、自動車に常備する必要がある。

Advertisement

© skninfo.com