車検での排ガス検査

排ガスの検査は車検の重要点検項目の一つである。
排ガスの中の一酸化炭素(CO)と炭化水素(HC)の濃度が基準外であると車検に合格できない。
走行距離が5万キロを超えると排ガス検査で車検が通らない自動車が一部見られ、排ガスの濃度が基準外の自動車は車検を通すために調整・修理・交換などが必要となる。
調整・修理・交換の内容だが、キャブやマフラーその他の原因を検査する必要がある。

Advertisement

© skninfo.com