車検でのサイドスリップ検査

サイドスリップとは「かじ取り車輪整列」であり、ハンドルを真直ぐ保った状態で直進した場合に横滑りする量を検査するもので、車検での重要な項目の一つである。
横滑りの量が車検で決められた基準を超えた自動車は調整が必要となる。
トーインを調整することで解決することが多いが、その他の問題も考えて、車検では調整が必要になることが多い項目である
ちなみに車検ではドライプシャフトブーツやステアリングラックブーツが破損している場合は交換しなければならない。それらの部品を交換した後や足回りを改造した場合(サスペンション交換など)にはサイドスリップ検査にパスするための調整が必要になる。

Advertisement

© skninfo.com