車検での灯火類(ランプ類)検査

灯火類(ライト類)は車検の外観検査で重要な点検項目の一つである。
自分が運転する自動車の存在や動きを他の自動車に意思表示するための大変重要なものなので、車検において灯火類のほぼ全てが検査される。ヘッドライト(ロービーム[通常下向き]とハイビーム[上向き])やスモールライト、バックライト、ブレーキランプ、フォグランプ(フォグランプのある自動車のみ)など点灯しなければ、車検には合格できない。
点灯しない原因の多くは電球切れなので、それぞれの電球を交換することで対処できるが、稀に配線その他に問題のあるケースもある。

Advertisement

© skninfo.com