車検でのフットブレーキ検査

車検での重要検査の一つであるフットブレーキ検査は前輪と後輪のブレーキが確実に利くかどうかを検査する。
フットブレーキにおいて重要な役割を果たす部品の一つであるブレーキパッドの磨耗限界は1mmとされているが、ブレーキパッドの表面が全てが均等に減ることはまずないので残りがどの位減っているのかを一言で云うのは難しい場合もある。
実際にブレーキパッドの磨耗限界まで1mm~2mm程残っている場合でも、しっかり停止できれば車検のフットブレーキ検査には合格する。
しかし、車検は2年に一回なので、次の車検までにブレーキパッドの状態が持つかどうかを考えるべきである。、自動車が今日は車検に合格しても、明日にはブレーキが利かなくなる可能性があるのは危険である。

Advertisement

© skninfo.com